福島県福島市の情報発信。

福島で子育て中。家づくりについても。福島市の幼稚園・学校情報、お出かけ情報をお届け。

MENU

福島市内私立幼稚園情報②

お待たせしました。

幼稚園フォーラムで得た情報後編になります。

前回の記事はこちら

  • 桜の聖母学院幼稚園
  • めばえ幼稚園(北、東サークル)
  • 飯坂恵泉幼稚園
  • 福島愛隣幼稚園
  • 福島わかば幼稚園
  • 福島文化幼稚園(宮町、瀬上)
  • さくら幼稚園
  • 福島わかくさ幼稚園

について紹介しています。

mtss.hatenablog.jp

紹介する私立幼稚園

※私立幼稚園ガイドブック「のびのび」掲載順

福島ルンビニー幼稚園

ルンビニー幼稚園は口コミはないです、すみません。

願書と資料はもらってきたので紹介します。

 

募集要項を見ると40名募集で、3クラス編成のようです。

他の幼稚園は満3歳は10人程度の募集のところが多い中、ルンビニー幼稚園は満3歳を35名募集しているようです。

昨年度は年少80名だったそうで、定員を上回ったので教室を増設したそうです。

 

仏教のようです。

園庭はとても広く、遊具もたくさんあり楽しそうです。

入園にかかるお金

入園手続き料 2,000円

入園料 30,000円

教材費 7500円くらい

制服 30,000円くらい

◆以下、月にかかるお金

保育料 無償

バス代 4,500円

給食費 1食430円 (年15回予定)

父母会費 総会で決定

月刊本代 400円前後

 

全体的にお安いイメージです。

願書の項目

書く項目は結構多いです。

記述式は以下です。

  • 好きな遊び
  • 特に興味のある事柄
  • 性格
  • 教育についての希望

他はアレルギーや健康についての質問があります。

入園前に市外への転勤が決まった場合入園料を返戻制度があると明記されていますので、転勤がありそうで不安な方はルンビニー幼稚園とてもいいですね!

他の幼稚園に返戻があるのかは個別に問い合わせないといけないと思います。。

(ちょっと聞きづらいですよね)

みその幼稚園

みその幼稚園は実際に説明会、見学に行きました。

ものすごく遊びを大切にしている園です。

キッズヨガやサッカー、英語など様々なプログラムが組まれています。

キリスト教なので合同礼拝も週1~2あるそうです。

HPをみると頻繁にブログも更新されていて、日々園でどんなことをしているか伺えます。

園舎は割と古めです。昔の幼稚園って感じの懐かしい作りです。

説明会は園長先生の講演会のような感じでした。

な、なるほど~ってなりました。笑

少し気になったのは、園長先生がほかの先生のことを呼び捨てで呼んでいたことです。(企業とかだと同じ会社の人をへりくだって呼び捨てにするけど、幼稚園って「先生」呼びしないかな?と思いました。)

そして、園全体で先生が若いな…と思いました。

みんな20代???という若さだったので少し驚きました。

(見た目若いだけかな??)

私が見かけなかっただけかもしれませんが。

運動会にも遊びに行きました。

園児たちはとにかく楽しそうで園の雰囲気も良かったです。

フォーラムの時みその幼稚園の先生がほかの方と話しているのを立ち聞きしたのですが、去年は33名入園したそうです。(35名定員なので概ね定員ですね)

入園にかかるお金

入園手続き料 5,000円

入園料 80,000円

父母会費 7,200円(年1回)

制服・体操服など 50,000円くらい

◆以下、月にかかるお金

保育料 4,300円

バス代 5,000円

給食費 1食300円

 

全体的に少し高めですが、行事がたくさんあり、その都度徴収はしないのかもしれません。

願書の項目

記述式は以下です。

  • 性格
  • その他の注意事項

他はアレルギーや健康についての質問があります。

福島学院大学認定こども園

すみません。口コミも資料もありません;

三育幼稚園(山口)

三育幼稚園は口コミも資料もありません。

西部三育幼稚園は系列ですが、少し違う点もあります。

(西部三育の方は口コミも資料もありますのでご参照ください)

 

※三育幼稚園は兄弟が同時入園する場合(年子か2歳差)は下の子の入園料とバス代が免除になるそうです。

また、入園手続き後に転勤が決まった場合は入園料と設備費の60,000円は返金してくれるそうです。

西部三育幼稚園(野田町)

西部三育幼稚園は週4回給食があります。

毎日のお弁当って本当に大変なので、給食は魅力的ですよね。

延長保育の時は有償でピアノや英語教室、体操教室のレッスンを受けられます。

鼓笛にも力を入れているようです。

知り合いで通っている人の口コミでは、お弁当がないのはすごく楽だし幼稚園に行く機会はたまにある行事くらいであまりないそうです。

ただ、外遊びが少ないらしく外で遊ぶのが好きな子には少し物足りないかもしれません…

バスが広い範囲で出ているのですが、利用者が多いと2回出動するそうで、2回目の子たちは園でテレビを観て待っているそうです。

バス待ちの時間なのでそんなに長い時間ではないと思いますが、あまりテレビを見せたくない方針だと合わないかもしれませんね。

ただ、三育は毎年人気なようで願書も先着順という

入園にかかるお金

入園手続き料 4,000円

入園料 40,000円

設備費 20,000円

保育用品代 12,000円

制服・体操服など 28,000円くらい

◆以下、月にかかるお金

保育料 無償

バス代 5,000円

父母会費 1,300円

給食費 5,000円くらい

 

※西部三育幼稚園は兄弟が同時入園する場合(年子か2歳差)は下の子の入園料とバス代が免除になるそうです。

また、入園手続き後に転勤が決まった場合は入園料と設備費の60,000円は返金してくれるそうです。

兄弟がいる場合はかなり魅力的ですね。

願書の項目

記述式は一切なく、名前や住所のみです。

西部三育幼稚園は例年定員割れはしていないようです。

願書受付期間も10/1 8:30~ となっていて終わりが書いていません。

噂によると10/1で定員になり次第締め切ってしまうようです。

(在園児の兄弟は別枠で優先的に受け付けるようです)

蓬莱もみじ幼稚園

口コミも資料もありません。すみません。

白百合幼稚園

白百合幼稚園はフォーラムでは話を聞かないと願書がもらえませんでした;

今年ではないのですが見学には行きました。

白百合幼稚園は他の幼稚園とは少し変わった特色があります。

一番の特徴はクラスが縦割りで学年混合です。

年少・年中・年長が約10名ずつの30人クラスです。

男女比は女の子の方が多いです。(1クラス女の子20人前後、男の子10人前後)

クラスでの活動(学年混合)と学年での活動があるそうです。

英語、スイミング、ヴァイオリン等のカリキュラムがあります。

 

市内の私立幼稚園は水曜日はお昼までの午前保育という園が多いのですが、白百合幼稚園は午前保育はありません。

(行事等の都合でまったくないわけではないと思いますが)

そして毎日給食があります。

預ける側としたら楽ですよね。

なので白百合幼稚園は非常に人気があります。

 

園舎は建て替えたばかりで新しくてきれいです。

ただ、園庭は最小限という感じで狭いです。

遊具も少ししかありません。

外遊びが好きな子には物足りないかもしれません。

 

在園児の兄弟は優先的に入れます。

今年はコロナの影響でプレは開催されなかった…という噂を聞きました。

通年はプレに通っている子を優先しているそうなので例年よりは入りやすいのかもしれません。

白百合幼稚園は合格通知書をもらったら必ず入園するという誓約書のようなものを書かされるらしいのですが、辞退して他の幼稚園に入園した知り合いを知っているので拘束力はないと思います^^;

(ただめっちゃ気まずい思いをすると思います。)

 

白百合幼稚園はHPをみても入園情報がほぼ載っていないので、まずは電話して見学に行くことからスタートです。

 

まとめ

どの幼稚園もそれぞれ特色があって素晴らしいです。

しかし、その子に合う・合わないがあると思いますので見学に行って雰囲気を感じ取ってくるのはとても大事だと思います。

親がカリキュラムを気に入っても、園風が合っていなければ楽しくないかもしれません。

園の規模も大事です。1クラス編成の園は3年間同じメンバーです。

環境が変わると不安になりやすい子はクラス替えのない少人数の園の方が合っているかもしれません。

人数の多い園はクラス替えがあります。

新しい友達と出会うことはプラスになることがたくさんあり、一生の友達と出会えるチャンスにもなります。

どちらがいいかはその子次第ですよね。

9月は各園説明会などがあるので参加しましょう!

間違っている情報などがあればコメント頂けると助かります。

また、あくまで個人の感想ですのであしからず・・・